青森ピンクリボンプロジェクト - 青森をピンクリボンでいっぱいに

青森乳腺フォーラムに参加してきました。


事務局 片岡です。 第3回 青森乳腺フォーラムに参加してきました。   4症例の症例検討会と 特別講演「乳房超音波の基礎と臨床」のお話しでした。 症例検討の画像は マンモグラフィ・超音波検査・MRI・CTが提示され トータルでの画像診断とその後に病理の説明がありました。 以前の印象では、マンモグラフィと超音波画像の提示がほとんどでしたが 今回はMRI画像も提示され、マンモグラフィでは??と言う症例も もちろん超音波でもわかりますが、 MRIでさらに詳しく進展範囲なども予想できていて とても勉強になりました。   今年の10月の乳がん学校でも MRI室を見学しながら実際に撮影体位を体験してもらい 患者さんの気持ちになってもらいます。 乳腺MRIはうつ伏せでとるんですよ。 そして MRI画像の基本的な見方までをお話しするプログラムを企画しています。   これからはトータルで 画像が見れないといけない時代だと痛感した1日。 さらには、当会の副会長である(乳がん看護認定看護師)も参加していて 「もちろん、認定看護師は画像も読めないと」 そうなんです!トータルで皆が患者さんをサポートするには いろんな事を知ってないといけないんだ。と 春の陽気のように、やる気が出てきた1日となりました。 来年は、青森で春頃の開催予定だそうです。 わかり次第こちらでも早めにお知らせいたします。 ぜひ、今回参加出来なかった方も次回は参加してみて下さい。 乳腺フォーラム