青森ピンクリボンプロジェクト - 青森をピンクリボンでいっぱいに

シノちゃん

サタデー夢ラジオ公開録画


毎日毎日、冷蔵庫に頭をつっこんだみたい寒さで涙。涙。

ほんとに私 暑いのはいくらでもへっちゃらだけど寒いのはまったくだめ。

ストーブの前にへばりついて

 

じいっと1時間ばかりテレビを見てましたが今日は意をけっしてPCの前に座りました。

 

さて、先週土曜日はサタデー夢ラジオの公開録画に行って来ました。

青森RABラジオ番組で、土曜日に青森県内に流れています。

 

去年の9月の映画上映会前日に30分程、

番組ゲストとして主演の桜庭さんと脚本家の私で出演させていただきました。

 

その際に、パーソナリティの柳瀬若菜さんが

 

「私も映画見てみたいです。是非行きます」と・・・

 

社交辞令かなってくらいに思ってたんですが、なんと本当に当日会場に足を運んでくれました。

すごく嬉しかったです。

 

そして、今回お会いするのは3回目。なのに、すぐに私を見つけてくれてお話できました。

 

これまた嬉しすぎると大はしゃぎ 「きゃ!と記念撮影」

 

 

 

 

 

 

 

さらには、公開録画生出演していたのは

ピンクリボンの歌をうたってくれているマミーシノちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにさらに、伴奏はバイオリニストの白鳥王子

なんだか、次から次えと知り合いが現れてこんなに縁がつながっていたんだなぁ。

あら、不思議。そんな土曜のお休みでした。

 

今、実はNPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)さんから

サポータや企業の方々に配布している通信誌のコラムに

「1枚のコイン」映画のことを書いてはいかがですかと声をかけていただきました。

改めて、映画についてなんて書こうか・・・迷う・悩む・とりあえず寝る。

ああ、でも別な視点から書きたいなぁなどと思っています。

映画の編集をした際に、桜庭さんからこんなことを言われました。

「これでいいと思ってから・・・それから1~2週間は作品をまったく見ないで下さい。

改めて真っ白の気持ちで作品を見直すと

あれ?ここ良くないとかね。また違う方向から見ることができますから」

物作りにおいては、大先輩の意見ためになります!

 

ほんとに今 改めて映画を見ながら原稿を書いていると

自分の想いだけで作った脚本は、

逆に想いが入りすぎて周りがよく見えてなかった気もしています。

なんてね。でも、私はそれでよかったようにも思ってるの。

ほら、今もこのブログ書いてるうちに時間は流れて

今日はHappy バレンタイン!

熱~い、想いは熱いまま。その時その時で届けちゃいましょ!

それが若さって言うもんだわ!?